芸能人の嫁と旦那、有名人の結婚情報や馴れ初めについて

芸能人の嫁と旦那と私

お笑い芸人 不祥事・事件

加藤浩次が吉本を辞めない理由 エージェント契約でスッキリ続行

投稿日:9月 3, 2019 更新日:

闇営業問題で息巻いていた極楽とんぼの加藤浩次さんが吉本興業を退所しないと一部で批判されています。

「(吉本興業の)大崎洋社長と岡本社長が辞めなければ自分が辞める」といった発言直後には男気を賞賛されていましたが、徐々に「辞めないの?」といった批判的な声も聞こえてくるようになっています。

まずはネットの声から紹介します。

 

加藤浩次への賛否

中には加藤浩次の言動に理解を示す意見もありました。

スッキリに出演したm-floのlisaさんがしきりに加藤浩次はイケメンであるとアピールしていたようです。加藤浩次さんの主張が正しいかは分かりませんがイケメンであることは間違いありません。

 

辞める発言の真意

本当に辞める覚悟があって「吉本退社」を発言したのか、あるいは一時の感情による勢いの発言だったのか本人のみぞ知る所ですが、極楽とんぼ山本圭一さんのためにコンビ名を残し、彼の帰る場所を残し活動を続けていたので男気があることは間違いありません。

(といってもコンビが消滅してしまうと吉本内でのランクやギャラが下がってしまうという吉本ルールの存在も囁かれています)

そんな男気ある加藤浩次さんですが、現状は吉本興業を辞めるように見えません。

吉本興業に対しては10年も復帰が許されなかった山本圭一の処遇を巡っての不信感もあったはずなので、実は以前から不安因子は抱えていました。

同じく未成年淫行で逮捕された板尾創路などはすぐに復帰できました。加藤浩次の中でダウンタウン一派に甘いという不公平感はずっとあったのではないでしょうか。

(といっても板尾創路の場合は同意の上なので状況は違いますが)

ただこれは吉本興業の問題というより、芸能人の不祥事というのは世論によって処遇が決められる節もあるので山本圭一は運が悪かった面もあると思います。当時萩本欽一の野球チームに所属していたのも裏目に出てしまいました。

 

吉本を辞めない理由

一つの理由ではないはずです。

嫁や子供など守るべき家族の存在、あとは本人曰くダウンタウン松本人志さんに説得され考えに変化があったようです。

時間がたってトーンダウンした側面もあるでしょう。

タレントとして成功した地位を捨ててまで、更に大崎会長や岡本社長など吉本上層部も歩み寄ってくれました。

この状況で大博打をする価値のある人生の選択であるとは思えません、さすがの狂犬でも損得勘定が働いて賢明な判断になってしまうのも無理ないです。一部ではチワワと揶揄されていますがそれで済むなら安いものじゃないでしょうか。

そもそも彼が辞めたところで吉本の若手たちにとってプラスにはならないでしょうし、色々考えると収まるところに収まったという感じがします。

 

闇営業問題はエージェント契約で解決か

闇営業騒動の当面の落としどころとして「エージェント契約」することで解決となりそうです。

世間は納得しないかもしれませんが、既にニュースでの扱いは激減していますので、このまま収束となるでしょう。

ただ今回の一連の闇営業騒動は反社会的組織との繋がり問題も指摘されています。安倍首相などが吉本新喜劇に登場し、政府との繋がりも作った吉本興業ですので、反社会的組織との繋がりは大問題ですが、とりあえずその辺のことは入江慎也のしっぽ切りで何とか有耶無耶にすることに成功した気がします。

エージェント契約することで、これまでのような月収100円というような『芸人武勇伝』は減っていくのでしょうね。そんな健全な環境から明石家さんまや松本人志のような突出した芸人が誕生するのかいささか疑問ではありますが、時代がそれを許さないのであれば仕方ありません。

これからの吉本興業と所属芸人達がどうなるのか注目したいと思います。

-お笑い芸人, 不祥事・事件

Copyright© 芸能人の嫁と旦那と私 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.